作業者

住宅の安全のために地盤調査を検討しよう!

家を建てる前の土地の調査

土

必要ならば地盤強化を

住宅の品質確保の促進等に関する法律が施行されたことにより、地盤が軟弱なことが原因の住宅の沈降や傾きを施行者が10年間保証しなければいけなくなりました。そのため、住宅を建てる前に必ず地盤調査を行うことになり、地盤調査に関わる費用は施主が負担することになります。住宅で使われる地盤調査は費用が安価であることからスウェーデン式サウンディング試験が採用されることが多くなっています。この試験方法でかかる費用は業者やハウスメーカーを通すことによって異なってきますが、おおよそ5〜7万円程度になることが多いようです。地盤調査によって基礎の変更や地盤改良が必要になってくる場合があります。スウェーデン式サウンディング試験は他の地盤調査方法と比べて厳しめな結果が出てくることが多く、ハウスメーカーを通した地盤調査では、家が傾いたりしたときにはハウスメーカーが補償をしなければいけないため、更に頑丈な地盤改良を勧められることがあります。地盤改良工事は安くても数十万円、高いと数百万円かかる場合があるため、工事実施の判断に迷うことは否めません。もし地震がおきたときに住宅に被害があったときには、ハウスメーカーに責任を負わせることはできません。地盤改良をすることによって、何もしないよりも住宅被害が少なくなっている実績があります。何もしないと大規模な改修工事が必要になったり、場合によっては建てなおしということもあるため、しっかりとした地盤調査と必要な地盤強化は必ずするようにしてください。