作業者

住宅の安全のために地盤調査を検討しよう!

住宅建築前にすること

土嚢袋

一戸建ての住宅を建てる場合には、地盤調査を行うことが重要になります。かつては、地盤調査を行わないまま住宅を建築することも多かったため、住宅を建てた後になって、地盤沈下が生じて建物にひずみができてしまうということもありました。しかし、今では新築住宅を建てる場合には必ず地盤調査を行うことになっているため、そのような問題は少なくなっています。具体的な地盤調査の方法としては、スウェーデン式サウンディング試験が一般的です。これは、先端がキリ状になっている器具に負荷をかけてハンドルを回して地面に刺していくことで、地盤の強度を確かめる方法です。1か所あたり2万円程度で調べることができるため、比較的安価に実施できる調査方法であるため、新築住宅の場合には多く採用されています。その他にボーリング調査を行う方法もあります。実際に地質まで調べることができるため、スウェーデン式サウンディング試験よりも精度は高くなりますが、その分だけ費用も掛かります。地盤調査を行う場合には、建物のおおよその間取りが決まっていなければなりません。基本的には建物の荷重がかかる箇所の地盤を調査する必要があるため、建物の四隅とその中心の地盤を調査することになります。通常はこの5か所の地盤調査を行うため、10万円程度の費用が掛かることになります。地盤調査を行った結果、地盤改良工事を行うことになる場合もありますので、調査会社は中立的な業者を選ぶことが大切です。