作業者

住宅の安全のために地盤調査を検討しよう!

住宅の基礎の仕様を決める

工事現場

地盤強度と改良工事

良くない地盤の上に建てた住宅が、傾いたり沈んだりして住めなくなったという内容をテレビなどで良く目にします。このような問題を未然に防ぐために、地盤調査が必要とされています。地盤調査とは、土地が出来上がった過程や力学的な強さを調査することです。この結果を元に、住宅を建てた場合に地盤が建物の重さに耐えられるかを事前に判定します。地盤調査を導入するメリットは、粘土層などで地盤が軟弱で強度不足と判定された場合に、強度に応じた地盤改良工事を選択でき、住宅を支える基礎の仕様を決定できることです。地盤調査の方法は、スウェーデン式サウンディング(SWS)と呼ばれる方法を用いることがほとんどで、費用はおよそ6〜7万円程度です。この方法は、土地区画に対して四隅と中央など4箇所以上で、鉄のドリルのような棒を回転させながら土の中へ入れていくことで地盤の強度を調査します。他にボーリングと呼ばれる方法がありますが、機材が大掛かりになり費用も20〜25万円と高額になります。地盤調査導入後は、何かしらの地盤改良工事が行われる場合が多いです。軟弱な地盤の深さに応じて、浅い場合は表層改良工事、中程度の場合は柱状改良工事、深い場合には鋼管杭工事が施されます。工事費用は深さに応じて高くなるので、表層改良工事が安くて鋼管杭工事が高くなります。地盤調査を行うことで、地盤の強度の他に、住宅の建物以外の基礎部分に必要な費用を見積もることができます。