作業員

住宅の安全のために地盤調査を検討しよう!

地盤の状態を把握する

現場

土地の安全性は重要

住宅を建てる場所や店舗などを建てる場所は安全な土地でなければいざ災害にあった時に災害の被害が大きくなりやすく、経済的な損失もありますしその建物を使う人にも危険が及びます。だからこそ土地を選ぶ時は土地の安全性を重視しなくてはなりません。土地の状態は地盤調査を行う事で正確に状態を知る事ができるので、業者に調査を依頼すると良いです。土地の状態は数十メートル場所が違うだけで、大きな差がある場合があります。そのためその周辺が比較的強い地盤であってもその周辺の全てが強い地盤とは限らないので、土地の状態は個々に調べておくべきです。地盤が弱いと地震に見舞われた時に揺れの被害を受けやすくなります。揺れやすい地盤であるほど建物の倒壊のリスクも高くなるので、地盤調査の結果であまりにも地盤が弱くて揺れの被害を受けやすい土地だった場合は極力避けた方が良いです。地盤調査を行う事で地盤の強さだけでなく、土地の液状化のリスクも知る事ができます。液状化現象が起きてしまうと建物が揺れに耐えられても土地自体が地下の水分によって液状になってしまって建物が土台から傾いてしまう被害が出ます。そうなると普及も難しくなるので、液状化のリスクに関しても地盤調査でしっかり確認しなくてはなりません。さらに土地の高さや近くに河川がないかという事も重要です。土地が低かったり、河川が近くにあると津波や洪水の被害にあった時により被害が大きくなってしまうからです。このような被害を回避するためにも、建物を建てる時には、業者に依頼して必ず地盤調査を行なうようにしましょう。

住宅の基礎の仕様を決める

地盤調査は土地の強度を調査することです。地盤調査を導入するメリットは、地盤が強度不足と判定された場合に、強度に応じた地盤改良工事を選択でき、住宅を支える基礎の仕様を決定できることです。地盤調査の方法はスウェーデン式サウンディングとよばれる方法がほとんどで、費用はおよそ6〜7万円程度です。

家を建てる前の土地の調査

家を建てる前には必ず地盤調査を行い、それに伴う費用は施主が負担します。費用は一般的に数万円程度ですが、試験結果によって地盤強化が必要になることがあります。必要な強化をしないと地震により大規模な改修が必要になることがあるため、費用はかかりますが地盤強化は必ずするようにしてください。

住宅建築前にすること

住宅を建築する場合には地盤調査を行うことが重要です。一般的な方法としては、スウェーデン式サウンディング試験が採用される場合が多く、おおむね10万円程度の費用が掛かります。精度が高いものとしてボーリング調査がありますが、費用も高くなります。